大事な歯を守るために

PROTECT

大事な歯を守るために

「虫歯にならないために、歯を磨きなさい」と、誰もが子供の頃から言われてきたことでしょう。しかしながら一生懸命歯磨きをしても、歯石・歯垢を除去しても、虫歯になる人がいらっしゃるのも事実です。こういった原因である菌を特定し、虫歯になる前に治療をするのが「予防歯科」です。歯が悪くなってしまってから治療するのではなく、歯が悪くならないように治療をすることが大事なのです。

カウンセリングルーム

当院では顕微鏡による治療システムを導入しております。患者様のお口の中の汚れの一部を採取し、顕微鏡で観察することで今現在の菌の状態を確認します。歯周病になりやすい状態なのか、今後どういった治療をするべきなのか、患者様と画像を見ながらカウンセリングを行っていきます。

歯科医院での定期的なケア

スケーリング(歯石取り)

スケーリング

歯周病の原因には様々なものがありますが、その大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラークをしっかりと取ることなのですが、歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。歯石は歯磨きでは取る事が出来ない上、90パーセント以上の人にあります。さらに、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院でメンテナンスする必要があります。
スケーリングの間隔は、3~6ヶ月に1回位が目安ですが、お口の中の状態により必要なスケーリングの間隔は変わります。


超音波スケーラー

歯石の除去などに使うスケーラーは、当院では超音波スケーラーを採用しています。フェザータッチと呼ばれる痛くない方法で超音波チップを当てます。このフェザータッチが可能なのは、人の手ではなく、超音波で動く超音波スケーラー用チップだからこそできる患者様に優しいメリットです。

PMTC(専用機器によるバイオフィルムの除去)

『PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)』とは、毎日の自分で行う歯磨きで落ちない歯の汚れ「バイオフィルム(虫の膜)」を、歯科医院で専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。「歯のエステ」とイメージしていただければわかりやすいと思います。

歯のチェック

今の歯はどんな状態なのか、染め出し液を歯全体に塗って、丁寧にチェックしていきます。この染め出し液を塗ると、歯磨きの時に磨き残した部分がピンク色に染まります。プラーク(歯垢)や歯石がたくさんあればあるほど、ピンク色になるというわけです。歯の状態によっては、PMTCの前に歯石取りを行う場合もあります。




専門の機械を使ってクリーニング

「強い歯」にする効果がある、フッ素入りの研磨ペーストを、「歯と歯の間」や「歯と歯ぐきの境目」に注入します。
研磨ペーストの注入が終わったら、専門の機械を使ってクリーニングスタートです。ゴム製のチップや回転式ブラシを使って、歯の表面に付いている汚れを完全にキレイにしていきます。




フッ素塗布

歯の汚れを完全にキレイになったら、最後はフッ素コーティングをします。フッ素ジェルを歯の表面に塗って、数分間放置します。そして、ほどよくフッ素が歯に浸透したら終了です。PMTCの後は、歯へのフッ素の浸透がとても良いので、虫歯の予防効果が非常に高まります。


PMTCを行った後はこうのような効果ができます!!

  • お口のリフレッシュ…歯石を取るような強い刺激ではなく、終わったあとには爽快感があります。
  • 歯の輝きが増す…多少の汚れやザラつきなどは、ツルツル・ピカピカに。
  • 虫歯の予防…歯磨きでは落とせない虫歯の元細菌の塊を落とします。
  • 歯周病予防…歯周ポケット内の根の部分に強く付着した細菌の塊を落とします。